コラム

2018.07.28

カテゴリ:コラム

予算や希望、暮らしに合ったおうちを見つけて、できるだけおトクに買うための「おうち購入ポイント」をご案内します。

POINT1.
豊富な知識とノウハウを持ち、提案力のある不動産会社に相談

おうち選びについて分からないことや不安があるのは当然です。その上、法律やお金のことなども絡んできます。そこで大事なのが、実力のある不動産のプロに相談することです。まずは不動産会社選びのポイントをご紹介します。

調査力がある

予算や希望条件をしっかり聞き、希望エリアの相場等を調べた上で、お客様に合った物件を紹介する不動産会社。

提案力がある

価格だけでなく諸費用や税金などについても考慮して、トータルでトクになる買い方を提案する不動産会社。

対応力がある

相談段階から迅速かつ丁寧に対応し、分かりやすく、メリット・デメリットを含めて説明してくれる不動産会社。

インターネット等だけではわからないことが多くあります。
お気軽にご相談ください。

POINT2.
メリットになる「税の軽減」を受けられる買い方。

一定の要件を満たしたおうちの購入は、様々な税の軽減を受けることができます。
税の軽減は「おトク」につながります。

  • 住宅ローン減税(所得税+住民税から)
  • 登録免許税
  • 不動産取得税

ケーズハウスはご紹介した物件で最大限メリットを受けられるご提案をいたします。

※これらの税金の軽減を受けるには対象要件を満たす必要があります。詳細は「住宅購入の減税制度・すまい給付金」をご覧ください。

住宅ローン減税の例

住宅ローン減税の対象要件の中には築年数に関することも含まれています。
築20年以上の木造住宅を購入する際には注意が必要です。

 

※シミュレーションとして課税評価額(土地700万円建物250万円)として算出しております。
※諸条件によってメリットは異なります。詳しくはスタッフへおたずねください。

POINT3.
現在の状況調査(インスペクション)をした家の購入。

建物の状態や傷み具合について見た目で判断するのは難しいでしょう。そこで役に立つのが、建物の構造や劣化の状況などを調査する「建物状況調査(インスペクション)」です。

メリット1

築年数や見た目だけでは判断できない建物の構造や劣化の状態を知る手掛かりになります。

メリット2

修繕・リフォームの計画や費用の目安を考える参考になり、それらを含めた費用で資金計画を立てられます。

メリット3

建物の状況や品質を知った上で買うという安心感があります。購入後に思わぬ費用がかかることを防げます。

国は中古住宅の売買に「建物状況調査」の活用を促しています。
建物状況調査についてはこちらをご覧ください。

POINT4.
物件の良し悪しも購入にかかる費用もトータルで検討。

ご予算や希望条件、ライフスタイルは人それぞれ異なるので、すべての人に合う物件は存在しません。
理想の家は、物件、資金計画、アフターなどトータルで考えて検討することが大事です。

物件価格だけでなく、修繕やリフォーム、購入後のアフターメンテナンスにかかる費用、各種手続きにかかる費用についても考えて検討しましょう。

「のびのび子育てをするために」「老後を考えて」など、購入目的は様々です。それらに加え、予想されるライフスタイルの変化なども考慮して検討しましょう。

ここに注目!

物件探し、資金計画、税金、修繕・リフォームなどをトータルで相談する方が手間と時間がかからず、検討するのにも便利です。すべてをサポートしてくれる不動産会社を選びましょう。

おうち購入をご検討のみなさまへ

ケーズハウスでは経験と知識が豊富なスタッフが、お客様の立場に立って一つ一つ考え、家の購入をワンストップでお手伝いいたします。

  • 物件選びのアドバイス
  • 資金計画のご提案
  • 住宅ローン申込みのお手伝い
  • 物件紹介
  • 既存住宅瑕疵保険の手続き
  • 修繕・リフォームの相談
  • 税金・法律に関する相談
  • 建物状況調査(インスペクション)
  • 各種手続きのお手伝い

諸経費、税の軽減などを考慮した購入費用のシミュレーションもスピーディーにお出しいたします。

おうち売却をご検討の方はこちらを御覧ください。

CONTACT

お問い合わせ

物件についてのお問合せや、
ご意見・ご質問・求人について等、
どんなことでもお気軽にお問合せください。

物件検索

物件種別をお選びください。